メニュー

緑内障の治療

緑内障は、我が国における失明原因の1位を占めており、狭義には眼圧の上昇によって視神経が傷害されて視野が欠ける病気です。自覚症状が現れにくい病気でもあり、気づいた時には、もうかなり進行しているということもあります。問題なのは一度狭くなった視野は元には戻らないという事です。40歳以上の有病率は20人に1人とも言われており、早期に診断を受けることが重要な病気です。

治療について

緑内障の治療は、眼圧を下げることを基本にしています。また最近の研究から視神経周辺の血流の改善も進行予防につながる事が期待されています。治療法は点眼薬での治療や手術があります。まずは、検査をして、治療方針を検討して治療方法を決めます。当院では眼圧を下げるための日帰り緑内障手術も行っています。

点眼薬も現在では下写真のように多様の物が保険で認可されています。

IMG_7456

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME