メニュー

多焦点眼内レンズ

白内障手術で用いられる眼内レンズは、保険診療においては単焦点レンズになります。手術後はピントが合う範囲が1箇所に限られるため、ピントが合わない距離では(例えば遠方にピントを合わせた場合は近方を見るときは)、眼鏡が必要になります。患者様の中には、なるべく眼鏡を使わないで遠くも近くも見たいと思う方もいらっしゃるでしょう。多焦点眼内レンズは、そのような患者様の要望を満たすべく登場した、近くと遠く、あるいは遠くと中間距離の2カ所にピントを合わせることのできる眼内レンズです。最近は、遠く・中間・近くの3カ所にピントを合わせる3焦点レンズも登場しました。当院では、特徴の異なる複数の多焦点眼内レンズを取り扱っており、希望される患者様には、ライフスタイルに合わせてレンズの選択をご提案させていただいています。ただし、多焦点眼内レンズは健康保険が適応されませんので、手術代も含めて医療費が自費になります。

 

白内障があり日常生活に何らかの不自由を感じている方で、原則他に眼の病気を持っていない方が適応になります。緑内障や網膜疾患を持っている方は適応外になります。また、夜間運転をする人やデザインを職業とする人には不向きなレンズもありますので、医師にご相談ください。

見え方

 

当院で取り扱っている眼内レンズの種類

 

  • PanOptix パンオプティクス(日本アルコン)

2019年に認可された、遠方、60cm(パソコンなどの中間距離)、40cm(読書など近方)すべての距離において焦点が合う回折型3焦点眼内レンズです。手の届く距離で行う作業の快適性を重視しており、乱視のある人への対応もできます。

 

  • ReSTOR レストア (日本アルコン)

従来より用いられてきた回折型2焦点眼内レンズです。乱視用レンズもあります。

アポダイゼーションと呼ばれる光学部デザインによって、夜間の光の周辺に輪が見えるハローや光をまぶしく感じるグレアを軽減する工夫がされています。

 

  • Activefocus アクティブフォーカス (日本アルコン)

低加入度数であるため近くは見えにくいが、遠くからパソコンの見える距離まで広い焦点深度を持つ回折型2焦点レンズです。レストアよりハロー・グレアをさらに軽減、コントラスト感度も良好で、夜間の運転などドライバーの方にも適しています。

 

  • Tecnis Multifocal テクニスマルチ (AMO)

これまで国内で多く使用されてきた回折型2焦点眼内レンズです。近方はライフスタイルに合わせて、50cm, 40cm, 30cmから選べます。両眼の手術を受ける患者様の場合、片眼に中間距離のレンズ(50cm、40cm)を、対側眼に30cmにピントの合うレンズを入れることで、3焦点レンズに較べ安価な値段で、遠方、中間、近方の見え方を得る方法もあります。

 

  • Tecnis Symphony テクニスシンフォニー (AMO)

エシェレット回折構造で深い焦点深度(EDOF:Extended Depth of Focus)と高いコントラスト感度を実現した新しいタイプのレンズです。EDOFレンズとも呼ばれます。テクニスマルチに較べハロー・グレアが少なく、夜間運転の多い方には適しています。手元は若干見えにくいため読書が趣味のかたには不向きかもしれません。

 

  • Lentis Mplus レンティス (Oculentis社) ドイツへの注文輸入になります。

2焦点分節屈折型で、乱視矯正もできるオーダーメイドの多焦点眼内レンズです。構造上光のロスが少なく、コントラスト感度が良好で、ハロー・グレアが出にくいのが特徴です。注文してからレンズが到着するまでに4~6週間かかります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME